2005年11月30日

電車でアクセス〜関東から白馬方面

電車でアクセスが便利 or 安い スキー場の第2弾は白馬方面!

白馬方面のスキー場は、海からひとやま越えたところにもあるおかげもあり、軽い雪質で人気のあるエリアです。
東京からの通常早いアクセスは、長野まで新幹線、その後バスで60〜90分で各ゲレンデ、というルートでしょう。
スキー場によっては、長野〜ゲレンデ間の無料バスを運行しているところもありますし、JR東日本でも 「スキー往復きっぷ(新幹線+バス)」という割引きっぷを発売しています。
これは、新幹線=長野=(バス)=白馬(八方)、栂池の往復きっぷです。
(4日間有効、東京都区内発17,600円、大宮〜川口・戸田公園発14,400円。子ども半額)

マイカーやバスの場合、白馬方面は高速のインターチェンジから一般道の部分が長いため、日曜日の午後など、運が悪いと渋滞にイライラすることもありますので要注意。

白馬方面も上越と同様に意外と駅から近い場所にあるスキー場が多いので、特に仲間と酒を飲みながらといった場合、家族づれなどの場合は、中央線〜大糸線という電車アクセスもおすすめです。
その場合は、進行方向左側の席にぜひどうぞ。
天気が良いと、次第に近づいてくる山々に期待も膨らみます。

ただし、上越方面と比べると電車の本数が少ないことと、直通の特急以外は時間がかかるのに要注意。
運転日は少ないのですが、「ムーンライト信州」を使うと、アサイチ到着できますので、日帰りでも充分楽しめそうですね。特急券も不要なのでお得!体力ある派は注目です。

おすすめ乗り継ぎ時刻表(2005-06冬)を掲載しておきましたので、参考にどうぞ。

白馬方面で電車でのアクセスが便利なスキー場

■簗場(やなば)駅(信濃大町駅からJR大糸線約20分)
サンアルピナ鹿島槍スキー場
信濃大町駅からシャトルバス45分という手も
徒歩5分
サンアルピナ青木湖スキー場 無料送迎バス5分
■ヤナバスキー場前駅(信濃大町駅からJR大糸線約22分)
ヤナバスキー場 徒歩1分
■南神城駅(信濃大町駅からJR大糸線約30分)
サンアルピナ白馬さのさかスキー場 無料送迎バス5分
■神城駅(冬季特急停車)
白馬五竜スキー場 無料送迎バス10分
■白馬駅
白馬ハイランドスキー場 徒歩10分
八方尾根スキー場 バス5分
Hakuba47 ウィンタースポーツパーク 無料送迎バス10分
■信濃森上駅(白馬駅からJR大糸線3分)
白馬岩岳スキー場 バス10分
■白馬大池駅(白馬駅からJR大糸線8分)
栂池スキー場 バス10分

JR東日本
えきねっと

投稿者 雪太郎 |

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.snownet.jp/mt/mt-tb.cgi/30

 
↑このページのトップへ戻る
Copyright © 2001-2008 スキー場情報「SNOWNET」 All rights reserved.